水泳のブログ水泳個人指導、運営者情報

水泳インストラクター楠本潤へのお問い合わせ水泳個人レッスン体験者の声

水泳個人レッスン

水泳指導水泳インストラクター個人指導までの流れ水泳のレッスンプラン・料金表水泳レッスン予約スケジュール表水泳の家庭教師よくある質問ページ
J・Fコーポレーション > 水泳の家庭教師コラム > 水泳のメリットと体への影響

水泳のメリットと体への影響


どうも、

J・Fコーポレーション

代表の楠本潤です。

友だち追加

LINE@はじめました!

※レッスンの先行予約ができますよ!

@hgf5017bで検索してください!

草香江トレーニングスタジオ運営→→→(こちら

どんどん予約入ってます!

2019年4月15日

水泳の家庭教師楠本潤
今日は、小学生や幼児のお子さんが水泳を習うメリットについて
お話ししたいと思います。
小学生や幼児の年代は、成長期の真っ只中ですよね。
そんな時期に水泳を習うことによって、次のようなメリットが生まれます。


・全身をバランス良く鍛えることができる!
水泳は、体全体を動かす全身運動なので、
バランス良く全身の筋肉を鍛えることができます。
また、陸上で行う運動と違って、
水中では浮力のはたらきで体全体にかかる重力が少なくなり、
さらに水面に対して平行の姿勢(水平位)で運動するので、
骨や関節に負担がかかりにくくなります。


・脳の発達にいい効果があると言われている!
子供の神経系の発達は、個人差はありますが5歳頃までに80%成長し、
その後12歳頃でほぼ100%に達すると言われています。
この時期に、水中で体を動かすことは、
脳の空間認知機能を鍛えることができます。
さらに、運動することで脳の神経細胞がつながっていき、
脳にとって良い刺激を与えてくれるのです。

さらに、水の感触や浮力などが、
ドーパミンやセロトニンなどの神経伝達物質の分泌を促してくれます。
この物質が出ることで、気持ちが安定し、失敗してもまたやり直そうという
前向きな考えを持てるようになります。


・皮膚や心肺機能が強くなる!
水泳は、体温よりも低い水の中に入り、運動するスポーツです。
この冷たい水が刺激になって、皮膚や免疫力が鍛えられていきます。
また、水圧の関係で呼吸筋の動きが活発になり、
陸上よりも効率的に心肺機能を高めることができます。
このことが、呼吸器や循環器の働きも強くし、
喘息治療に効果があると言われている理由です。
(ただし、運動誘発性の喘息の場合は、
始める前に医師に相談する必要があるでしょう)


・風邪をひきにくくなる!
温水プールの中は、湿度がとても高くなっています。
このため、汗をかいても蒸発しません。
通常、人間の体の体温調節は汗をかくことで熱を発散します。
しかし、汗が蒸発できない環境では、
体温調節は皮膚血管が拡張することで行われます。
プールへ出入りするのを繰り返すことで、皮膚の体温調節機能を上げ、
風邪への抵抗力が強くなると言われています。


・お風呂に入るのが怖くなくなる!
特に幼児の時期には、顔に水がかかることを怖がるお子さんが
多くいらっしゃいます。
水泳を習うことで、水への恐怖心がなくなり、親子ともに毎日のお風呂が
楽しくなるでしょう。


これらのことを総合すると、水泳はお子さんの成長において心と体の両方から
サポートできる、大変優れたスポーツであると言えるのではないでしょうか。
水泳個別相談

お問い合わせ

ご質問やお問い合わせなど、水泳や水泳指導に関すること
お気軽にお問い合わせご連絡下さい。