水泳のブログ水泳個人指導、運営者情報

水泳インストラクター楠本潤へのお問い合わせ水泳個人レッスン体験者の声

水泳個人レッスン

水泳指導水泳インストラクター個人指導までの流れ水泳のレッスンプラン・料金表水泳レッスン予約スケジュール表水泳の家庭教師よくある質問ページ
J・Fコーポレーション > 水泳の家庭教師コラム > クロールが泳げるようになるコツ(手のかきかた)

クロールが泳げるようになるコツ(手のかきかた)


クロールが泳げない原因って?

手のかきかたについて倉光インストラクターに聞いてみました。

2016年10月10日

楠本潤×倉光由夏

クロールが泳げない原因って?

そもそもクロールが泳げない原因ってなんでしょうか?
倉光インストラクターにお聞きしたところ

・キックのときに、膝の上にかかとがきてしまっている。

息つぎの姿勢が悪い
(手が上に上がったり、顔を上げるタイミングが遅い)

・頭が背中よりも上に上がり下半身が沈んでしまう。
姿勢がビート板みたいになってない)

・息が吐けてない。

などなどが比較的に多いようです。
キックの打ち方は前回のコラムでお伝えしましたので
今回は手のかき方についてお伝えします。

クロールの手のかきかたについて

手のひらでまずは水をすくうことが
できるようにやってみましょう。
それができたら水を後ろに押せるように
なります。

姿勢を水平にして手のひらで水を押す。
このときに水圧を感じることが大切です。

水圧を感じるためには
立った状態で手のひらを横にして
水の中で動かすと感じれると思います。

手を後ろまでかいたら戻すときに
上からではなく横から戻すようにする。

あとは息を止めていると
体がどんどんきつくなってくるので
口や鼻を使って息を吐くことも
忘れないようしてくださいね。

水泳個別相談

お問い合わせ

ご質問やお問い合わせなど、水泳や水泳指導に関すること
お気軽にお問い合わせご連絡下さい。

ダイエットの個人指導