水泳のブログ水泳個人指導、運営者情報

水泳インストラクター楠本潤へのお問い合わせ水泳個人レッスン体験者の声

水泳個人レッスン

水泳指導水泳インストラクター個人指導までの流れ水泳のレッスンプラン・料金表水泳レッスン予約スケジュール表水泳の家庭教師よくある質問ページ
J・Fコーポレーション > 水泳の家庭教師コラム > 【泳ぎが楽になる】クロールのキックの打ち方

【泳ぎが楽になる】クロールのキックの打ち方


クロールのキックの打ち方の説明です。

進まない原因と対策をお伝えしていきます。

2016年8月8日

【泳ぎが楽になる】クロールのキックの打ち方

クロールのキックの打ち方の説明です。

生徒さまを始め多くの方からよく聞くのですが、「バタ足が進まない!?」と
私も始めの頃は何で?と思っていましたが数多くの方を指導していくうちに見つけました。
進まない原因を!下記動画を参考にしてください。
テロップに書いてることは日頃私が指導中にアドバイスしていることそのままです。

進まない原因と対策をお伝えしていきます。

進まない最大の原因は

足がお尻よりも上が上がる

ことです。
水しぶきを上げてバタバタしている方を見かけることが多いと思います。
私も指導中にお見かけしています。見た感じはすごいのですが実際はほとんど進みません。

進む力:5に対して止まる力:4なので推進力:1

くらいしかありません。

それはなぜかというと足が上がりすぎるとお尻がだんだんと沈んでいきます。
お尻が沈んでくると少しずつ体が立った状態に近づいていきます。
そうすると止まる力が大きくなっていき、最後にはその場でジタバタジタバタしてるようになります。

対策としては、

足を下げてお尻を上げる

です。

お尻を上げるとは、へっぴり腰(体をへの字)になるような感じですね。
あとはそれに合わせて足の高さを上げていけばお尻が沈みにくくなります。
実践あるのみなので是非、皆さまもお試しあれ〜!

水泳個別相談

お問い合わせ

ご質問やお問い合わせなど、水泳や水泳指導に関すること
お気軽にお問い合わせご連絡下さい。

ダイエットの個人指導