水泳のブログ水泳個人指導、運営者情報

水泳インストラクター楠本潤へのお問い合わせ水泳個人レッスン体験者の声

水泳個人レッスン

水泳指導水泳インストラクター個人指導までの流れ水泳のレッスンプラン・料金表水泳レッスン予約スケジュール表水泳の家庭教師よくある質問ページ
J・Fコーポレーション > 水泳の家庭教師コラム > 息つぎが上手く出来ないあなたへ

息つぎが上手く出来ないあなたへ


上手な息つぎの仕方

正しい息つぎの方法をアドバイスします

2013年11月22日

クロール、呼吸法

息つぎでつまづく理由として

息つぎが出来ない、つまづく理由として、考えられるのは「息を吸うことに意識が行き過ぎてる」
ということが考えられますね。息つぎなのに息を吸うことって思うでしょうがそこが大事な所です!
僕も指導をし始めた頃は、息つぎを上手く教えることが出来ずに苦労していました。
やはり息つぎなので息を吸うことに意識がいってしまって、そこを教えていました。
そして、苦しい思いをするばかりではないですか?例えば、水を飲んだり、息がもたなかったりなど・・・。

では、上手な息つぎの仕方、正しい息つぎの方法をアドバイスに入ります。
まずは、息を吸うことに意識がいっているのでそこから変えていきます。息を吸う前に
息を出来る限り吐いてしまいます。えっ・・・?って思うでしょうが結構出来てないです。
わかりやすく例えると、お腹が一杯の状態で何かを食べたくなるか?って事です。

ほとんどの人は、食べたくないと思います。きっと・・・。
お腹がすいた時の方が食べたい気持ちは大きいと思います。僕はそうです!
息つぎも同じことが言えます。息を吸って吐かない状態で息つぎをしようとしても
息を吸えないと思いませんか?なので「息を吸うこと」ではなく「息を吐くこと」に
意識を変えてみるといいと思います。すぐにできるかもしれませんね!
苦しかった水泳を楽しい水泳へ変えていきましょう!

息つぎでお困りの方は、指導できますので気軽にご相談ください。

水泳個別相談

お問い合わせ

ご質問やお問い合わせなど、水泳や水泳指導に関すること
お気軽にお問い合わせご連絡下さい。

ダイエットの個人指導